ペット保険の仕組み

ペット保険の仕組みを知らずしてはいることはできませんからここで紹介したいと思います。ペットを飼っている人なら経験があると思いますがペットの病気や不慮の事故、怪我をした場合には動物病院で治療しなければいけません。ペット保険に入っていると、その動物病院で支払った治療費や薬代を保険の給付金でまかなうことができます。ペット保険は加入している飼い主がペット保険料を一か月少しの掛け金を支払ってかけていきます。人間の保険とほとんど同じ感覚です。保険料は支払い準備金になり、積み立てられている形です。
そしてペットが病気になったりした場合に治療費が発生すると飼い主に給付金が支払われるという流れになっています。ペット保険に入っていても、必ずしも給付金を受け取れるというわけではなく、当たり前ですがペットが健康で動物病院にかかる必要がなければ給付金は受け取ることがありません。だからと言ってペット保険に入っていなければ万が一の時にペットの治療費が高くついたり入院して手術ということになれば経済的負担はかなり大きいと思います。
ペット保険の仕組みはそんなペットを飼っている人の経済的な負担を軽くするために加入するというシステムですから、使うことがなければペットが健康で何よりですし、万が一の時に備える、それはペット保険に限らず保険というものすべてがそうなっていますから、ペットの万が一の時に経済的負担を軽くするためにも入っておくといいのです。

ペット保険の保障タイプ

ペット保険の保障タイプというのは大きく分けると3種類あります。受け取る給付金が保障によって違っています。まず一つ目は定率保障タイプ、ふたつ目は定額保障タイプ、そして三つ目が実額保障タイプということになります。ペット保険に加入する際に、この三種類のどれにはいるのかによっては、実は給付金がどれだけ受け取ることができるのかということは大きく違ってしまいます。
ペット保険の定率保障タイプは、実際にかかったお金に対して、決められた保障率で給付金がもらえます。保障率が50%となっている場合ならば、治療費がたとえば5000円かかったのであれば50パーセントなので2500円給付金が受け取れて残りの2500円は実費という扱いになります。だいたいペット保険で定率保障の場合は30%から100パーセントの範囲で50パーセントというのが一番多いと言われています。
次にペット保険の定額保障ですがこちらは治療費などがどれくらいかかったのかということは関係なく、1回に決められたお金だけを給付金としてもらえるというペット保険です。1日に2000円保障となっていればかかった治療費が10000円でも4000円でも、たとえば5日間入院や治療をしていた場合には、10000円もらえるということになります。
そして最後にペット保険の実額保障タイプですが、こちらは保険限度額いっぱいまで全額給付金として支払ってもらえます。限度額は1日に3000円までといったように決められています。

ペット保険の保障内容

ペット保険の保障内容はそれぞれの保険によっても大きく違っているのですが簡単に分けてみると医療費、けがというように分けることが可能ですが、さらに分けた場合にはそれぞれのペット保険会社によっては5−10種類くらいに分けることができると思います。一般的なペット保険の保障では通院の保障はどこのペット保険会社もあります。通院は怪我や病気で通った場合に1日いくらといったように給付金が支払われることになっています。通院保障の内容はどこも同じくらいですが日額の違いがあると思います。
そしてペット保険の保障内容として手術給付金があります。手術にかかった費用を何パーセントという形で負担するケースもあれば、上限いくらという形で給付金が支払われることもあります。
ペットが手術をするというケースはそれほど多くないのかもしれませんが、人間と同じペットもいつ突然病気にかかるのかわかりませんから、手術をする可能性もどんなペットに対してもあり得るということになります。ですからペットがいつ手術をしてもいいようにやはりそれなりに手術の保障内容についても確認したうえでペット保険に入らなければいけません。
ペット保険の保障内容はこのようになっていますが、ペット保険に加入する場合にはいろいろと会社ごとに内容が違っていますからよく確認するといいと思います。ペット保険の保障内容が充実していればそれだけ掛け金が高い場合が多いです。